文化祭実行委員会より

文化祭実行委員会って?

文化祭実行委員会はNG祭を中心となって動かす委員会で、中学3年生から高校2年生までの合わせて約200人の有志で構成されています。そんな文化祭実行委員会より、皆様にご案内を申し上げます。

生徒会長より

   皆さんこんにちは。第43代奈良学園中学校・高等学校生徒会長を務めております、井田 茉莉花(いだ まりか)です。この度は、第39回奈良学園中学校・高等学校文化祭(NG祭)『Voice』のホームページをお訪ねいただき、ありがとうございます。

   本校では一年を通して沢山の行事が行われていますが、中でもこのNG祭は私たち生徒にとってとても大きな行事です。「文化祭当日に最高の作品やパフォーマンスを披露したい。」私たちはこのような熱い想いを胸に、自分たちで出し物の内容を決め、夏休み期間中も文化祭準備のため毎日のように学校へ行きました。

   もちろん、文化祭へ向けての活動中、お互いの強い意志がぶつかり合って揉めたこともありました。自分たちだけでは対処しきれない事態もままあり、先生方の助けを何回も借りました。

   それでもこうして第39回NG祭『Voice』を無事に開催することができたのは、一緒に頑張ってきてくれた生徒のみんな、沢山助けてくださった先生方、そして本日来てくださった皆様のおかげです。この場を借りてお礼申し上げたいと思います。本当に、ありがとうございます。

   それでは皆さん、奈良学生の熱すぎる想いの詰まった“平成最後のNG祭”、ぜひ楽しんでいってください!

平成30年9月9日

第43代生徒会長 井田 茉莉花

文化祭実行委員長より

 皆さんこんにちは。第39回NG祭の実行委員長を務めています、高校2年生の東 優大(あずま ゆうだい)です。NG祭も今年で39回目を迎え、だんだん歴史を感じる行事となってきております。

 本校では、文化祭は主に生徒が主体となって動かします。そのために文化祭実行委員会が組織され、中心となって様々な準備をしていくのですが、その道のりは決して楽なものではありませんでした。「どうすれば良い文化祭がつくれるのか?」と頭を抱え、時には生徒同士で意見が衝突したこともありました。

 しかし、それを乗り越えたことで最高の文化祭が完成したと考えています。イベント担当、模擬店担当、パンフレット担当といったそれぞれの担当の文化祭実行委員がしっかり「声」を出して各々の役割を完遂し、それが1つの「39th文化祭」としてつながったとき、私たち一人ひとりの「声」がハーモニーとなって美しく響きあうのです。

 というわけで、第39回奈良学園文化祭、今年のテーマは「Voice」! この広い学び舎のあっちこっちで私たちが発している「声」にたくさん気づいて聞いてくださると幸いです。

 それでは、ごゆっくりお過ごしください。この1日が皆さまにとって最高の思い出となりますように・・・!

 

平成30年9月9日

第39回文化祭実行委員長  東 優大